メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

メタボリックの対策 快適睡眠でストレスを少なくしよう!

睡眠をよく取る事でストレスを半減さす事が出来る。

ストレスがかかってくると眠れなくなってきますよね。

そこで日々の生活の習慣を管理する事が大事なのです。

記事より

 睡眠には、疲れた体や頭をリラックスさせ、疲労を回復させる効果があります。しかし、それは快適な睡眠を得ることで始めて発揮さされる効果です。

 よく、1日8時間以上の睡眠が必要と言われますが、快適と感じる睡眠時間には個人差があります。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書(平成15年)」によると、10代では、8~10時間、成人~50代では、6.5~7.5時間、60代以上では約6時間が、快適と感じる平均的な睡眠時間と報告しています。忙しい平日の睡眠不足解消のために、休日に“寝だめ”をする人もいますが、長時間の睡眠はかえって睡眠の質を低下させる恐れもあります。睡眠を有意義なものとするためにも、毎日決まった時刻に起床・就寝するよう心がけましょう。

快適な睡眠で明日の活力を養いましょう。寝すぎには注意ですよ!!
スポンサーサイト

メタボリックシンドロームと睡眠の体内時計

メタボリックシンドロームと睡眠の体内時計


私たちは、何気なく毎日寝ては起きてを繰り返していますが、この寝て起きてという繰り返しのリズム、つまりは生体リズムをつくっているのが、脳内にある「体内時計」です。

体内時計によって、夜になると眠くなり、朝目覚めるという快適な生活には、この生体リズムの合わせて生活することが重要です。

起床時間も就寝時間もそれぞれ皆さん違うでしょうが、生体リズムを保つためには毎日同じ時刻に起床することが望ましいのです。

起床してすぐに日光にあたることによって、体内時計のリセットがスムーズにいくのだそうです。

ちなみに、休みの日に、ゆっくりと起きたりすると、体内時計のリセットが遅れてしまい、その夜になかなか寝付けなくなってしまい、余計体内時計が狂ってしまうという悪循環に陥ってしまうそうです。

さて、この睡眠の体内時計が、なぜメタボリックシンドロームと関係があるかというと、体内時計が狂ったことにより、なかなか寝付けなかったり眠りが浅かったり、またすっきり目覚められないと、昼間の集中力や思考力の低下を招きます。

その結果として身体の不調を招き、高血圧や脳血管障害、また心臓病等のリスクが増えてしまうのです。


快適な睡眠のためには、適度な運動で心地良い疲れを感じるとか、ストレスを発散させるとかが必要となります。

いつも言っている、メタボリックシンドローム解消には、バランスのとれた食事と適度な運動、そしてストレスをためない生活習慣、この3点と通じるものがありますね。

「寝る子は育つ」昔からそういわれていますが、現代は「寝る人は健康」かもしれませんね。
カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。