メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

メタボリックを携帯を使って対策してみる。


ケータイの予定表を使って“メタボ”に歯止めをかけてみる


「おにぎり」と入力すると次文節の候補として「ランチ286」のほか、ほかのおにぎりを入力したときのカロリー「181」「222」が表示される 

 メタボ対策グッズが多数登場する中、いつも身近にある“ケータイでメタボ対策”しようという動きがある。こうしたサービスを利用するのもいいが、すでに携帯にある機能を使ってメタボ対策してみるのはいかがだろう。

 ドリンクやサプリに始まり、体重計やゲーム機などにも“メタボリック症候群対策”をうたうものが登場している。2008年度にも「特定検診・保険指導」が医療保険者に義務付けられることから、メタボ対策グッズやサービスが増えているようだ。

 ケータイにもその波は押し寄せている。さきに開催されたCEATECでは、ドコモが体脂肪計機能を備えたウェルネスケータイを参考出展し、ケータイ向けフルブラウザを提供するjig.jpは、ウォーキングやジョギング、サイクリング時のカロリー計算を行う待受アプリを提供。ケータイのGPS機能を使ったランニングプログラムもあれば、すべての食事をケータイメールで記録するサービスも登場している。

 なぜ、急にこんな話を始めたかというと、私がメタボだと診断されたからだ。血中コレステロールが「これはまずいですよ」(担当医)というレベルに達している上、高脂血症気味だという。「食事を見直さないと、このままでは……」といわれ、ケータイで何か対策できないかと考えたわけだ。
スポンサーサイト

メタボ予防食 チーズが内臓脂肪を減らす!!

なんとチーズが内臓脂肪を減少させてくれます。

チーズと言うと脂肪がつきそうですが実は違うのですね!


チーズを食べると血中の脂肪(中性脂肪、コレステロール)が減少、内臓脂肪が減少するという実験結果が出ています。


チーズの有効成分はチーズペプチド

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるのは乳糖が原因です。この乳糖は乳酸菌が減らしてくれるので、牛乳が苦手な人もチーズならば、お腹をこわす心配はありません。

チーズは乳酸菌が乳糖を分解するので、牛乳から糖質を抜いた成分が固まったものと考えられがちですが、乳酸菌は牛乳中の乳糖分解するだけではないのです。

牛乳を加熱すると固まる成分はカゼインと呼ばれる大きな蛋白質です。乳酸菌はこのカゼインを小さいペプチド(アミノ酸が複数結合したもの)に分解します。これをチーズペプチドと呼びます。チーズペプチドには、いろいろな効果があります。今回の実験も、チーズペプチドが関係している可能性が高そうですね。

内臓脂肪が気になる方には、ワインと一緒にチーズをお薦めします。

やっぱりワイが来ますかね!! 飲みすぎに注意ですよ!!

メタボリックの予防にそばが一役買う!

メタボリックの予防にマグネシウムが効果を発揮するそうですよ。

マグネシウム摂取が多いほど、メタボリック症候群の診断基準となる、腹囲、血圧、中性脂肪、HDL-コレステロールの各項目において良くなる結果となりました。

マグネシウムの摂取が多い食生活を送っていると、メタボリック症候群になりにくいのです。

そばからマグネシウムを取ろう

年越しそばには結果的に根拠があったんですね。
マグネシウム源として、家庭でも外食でも手軽に食べられ、保存ができ、季節性がなく、高価ではないという条件を満たす食品はなんでしょうか? それは蕎麦です。

そばは外国の調査では登場しない食品ですが、熱量は、米や麦とあまり変わりない一方、100g当たり、190mgものマグネシウムを含みます。マグネシウムの必要量は1日300-400mgですので、1日分のマグネシウムの半分が1食で補えるのです。また、良質な蛋白質を米、麦の2倍含んでいる他、抗酸化作用があるポリフェノールのルチンも含んでいます。

メタボリック症候群予防には、年越しそばだけではなくて、1日1食そばはいかがでしょうか?

普段の食事に気をつけましょう。


内臓脂肪がたまりやすい食事は、高脂肪食(脂っこいもの)、高ショ糖食(甘いもの)、高カロリー食(カロリーが高いもの、食べ過ぎ)、低繊維食(緑黄色野菜の不足)です。また、濃い味付けは塩分を摂りすぎるだけでなく、食欲をそそり、食べ過ぎを招きます。
バランスの良い食事と腹八分目。これがメタボリックシンドロームにならない秘訣です。

メタボリック予防の身近な方法


運動は内臓脂肪を減らすのに一番有効な方法です。でも、こんな声が聞こえてきそうですね。
「運動しないといけないのは、わかっちゃいるけど…」
「忙しくて、運動してるヒマなんかないよ」
ちょっと考え方を変えてみませんか。気負って「運動するぞ!」と決心しても、ついついさぼりがち。運動を毎日のライフスタイルに組み込むと、案外、簡単に実行することができます。街の中を見回してみて下さい。階段あり、坂道あり、まわり道あり。まるでジムのようではありませんか?街の中は無料のジムです。会社の行き帰りに、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、バス停一つ分歩いてみる。こんなところから始めてみましょう。

メタボリックの予防!テレビの見すぎが・・・メタに

「1日2時間以上のテレビ」で肥満の危険


 1日に2時間以上もテレビを見る習慣がある女性は、肥満になる相対リスクが23%、糖尿病になるリスクが14%も高い――。5万人を超える女性を6年間追跡した米国の研究から、こんな事実が明らかになった。

 この研究結果は、Journal of American Medical Association誌(4月9日号)に掲載されたもの。「テレビの前からなかなか離れられないという人は太りやすい」という経験則が裏付けられたといえよう。

 米国Harvard公衆衛生大学栄養学部のFrank B. Lu氏らの研究グループは、米国在住の12万1700人の女性看護師を対象として、1976年に開始された大規模コホート研究「The Nurses' Health Study」参加者に対する追加研究として、生活習慣と肥満、2型糖尿病の関係について、郵送アンケートによる調査を行った。追加調査は、The Nurses' Health Study参加者のうち、1992年時点で心血管疾患、癌、糖尿病の診断を受けておらず、肥満でない(BMIが30未満)5万277人を対象とした。

 調査の結果、テレビを見る時間が週に0〜1時間のグループが肥満になるリスクを1.0とすると、テレビ視聴時間が週に2〜5時間、6〜20時間、21〜40時間、40時間以上のグループの年齢調整済み相対リスクはそれぞれ、1.23、1.42、1.68、2.00と、視聴時間の増加に対して統計的に有意に高くなった。

 年齢、喫煙、飲酒、食事の影響を調整した肥満の相対リスクは、1日当たりのテレビ視聴時間が2時間増えるごとに23%(95%信頼区間:17%-30%)、統計的に有意に増えることが分かった。

 2型糖尿病の発症リスクも、テレビ視聴時間が増えると統計的に有意に高くなった。年齢、喫煙、飲酒、食事、家族歴で調整した糖尿病の相対リスクは、1日当たりのテレビ視聴時間が2時間増えるごとに14%(95%信頼区間:5%-23%)増えることが分かった。

ウォーキングは、メタボの危険を軽減する。

 一方、運動は肥満や糖尿病のリスクを下げる効果があった。1日1時間歩く時間が増えると、肥満のリスクは24%(95%信頼区間:19-29%)、糖尿病のリスクは34%(95%信頼区間:27-41%)と、いずれも統計的に有意に低下した。

 座った姿勢を続ける家事や運転と比較しても、肥満、糖尿病になる傾向はテレビ視聴が最も強かった。これについて著者らは、「テレビ視聴は、(1)運動をしなくなり、消費カロリーが減る、(2)テレビを見ながら食べ物を口にする、(3)CMや食事シーンの影響を受ける、などの影響が考えられる」としている。

 グルメ番組は欠かさず見るという女性は、肥満や糖尿病の予備軍筆頭といってもいいのかもしれない。テレビを見る時間を減らし、運動量を増やすなど、用心した方がよさそうだ。

メタボリックの予防

「よくかんで」ビール腹予防

なかなか難しいのですが日常の事から改善を!

 「かむ」ことは、われわれが食事の際に自然にしている、食べ物を消化・吸収しやすいように砕きつぶす行為だ。しかし、「かむ」行為そのものが、肥満予防に役立つことをご存じだろうか。

中村学園大学大学院栄養科学研究科教授の坂田利家氏らは、「かむ」ことが食欲に影響するかどうか調べるため、次のような実験を行った。健康な人を10分間ガムをかむ群とかまない群の2つのグループに分け、その後両グループに、そうめんをかまないように食べさせた。すると、事前にガムをかんだ群では、明らかにそうめんを食べる量が減ることが分かった。

 これは、かむことによって、脳の中にある「ヒスタミン神経系」という部分が刺激されるために起こる。ヒスタミン神経系は、エネルギー代謝をはじめ、睡眠や覚醒など、基本的な幅広い活動を調節する働きを司っている。ヒスタミンといえば、花粉症などのアレルギー反応を起こす物質というイメージを持つ人もいるかもしれないが、ヒスタミンは神経系の中で、神経伝達物質としても働いているのだ。

 ヒスタミン神経系は、脳内にある「満腹中枢」を活性化させ、満腹感を起こさせて食欲を抑える。また、ヒスタミンの刺激によって、交感神経の活動が活発になるため、脂肪、特に内臓脂肪の分解が促される。

 この働きについては、坂田氏らのラットを用いた研究などでも確認されている。同研究では、ヒスタミンの神経内への投与によって、ラットの皮下脂肪量に変化はみられなかったが、明らかに内臓脂肪量が減少した。ヒスタミンと食欲との関連については以前から注目されており、その他の研究から、ヒスタミンには脂肪の合成を抑える働きもあるとみられている。

 つまり、よくかむことによって、食欲の抑制と脂肪の燃焼、すなわちエネルギー摂取の抑制とエネルギー消費の増大が、一度にできてしまうわけだ。これはいわゆる“中年太り”の予防策としても有効といえる。

 “中年太り”は、若いころに比べて筋肉量が減り、生命の維持に必要なエネルギー消費である「基礎代謝」が、それに伴って低下してくることと関連している。基礎代謝が落ちてくると、脂肪の分解が進みにくくなり、エネルギーの摂取と代謝のバランスが崩れて、余分なエネルギーが体脂肪として蓄積しやすくなる。このため、エネルギー摂取を抑え、エネルギー消費が増えるよう基礎代謝を高める、という両面からの対策が“中年太り”予防には重要だ。

 現在は、軟らかくて、あまりかまなくても飲み込めるようなさまざまな加工食品がある。このため、かむ回数が減り、満腹中枢が刺激されないので、いつお腹がいっぱいになったのかよくわからないまま、いつの間にか食べすぎてしまっている人も多いといわれる。

 自分がきちんとかんでいるか、食習慣を見直すには、一口ごとにかむ回数を20回などと決めてみることが一番だ。できれば、あまり軟らかい食品は避け、かむ必要のある食事をとるよう心掛けよう。限られた昼休み時間を有効活用しようと、食事をあせってかき込むようにとるのではなく、時にはよくかんで、ゆっくり味わいながら食べるのもよいのではないだろうか。
カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。