メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

メタボリック予防『0(ゼロ)ブーム激化』メタボリック予防に一役買う!!

最近よく見かけるゼロブーム、糖質ゼロ、カロリーゼロ

などなどメタボ検診を前にしてブームとなっています。

例えば発泡酒では、アサヒのスタイルフリー発売1年で3億本突破

ちょっと注目は、キリンゼロですが100ミリあたり19キロカロリーということで

糖質とカロリーを同時に抑えた発砲酒となっていてうれしい規格です。

メタボリック予防にも適したビールかも知れません。

あとサントリーとサッポロからもメタボリック予防の発砲酒を発売しています。

その他、缶コーヒーやマヨネーズ、ヨーグルトなどメタボリック予防に配慮した

商品がぞくぞくと発売されています。

これからますますメタボリック予防の商品が開発、発売される事でしょう。

メタボリックは、いろんな病気を併発します。

日ごろからメタボリック予防に気をつけて生活をする事で少しでも

健康生活の助けになる事は、間違いありません。
 
スポンサーサイト

40代50代のメタボリック認知度60%『メタボリックの予防や対策は?』

メタボリックシンドロームは、40代50代が一番危ない

40代50代、60%がメタボリックシンドロームの自覚ありと

アンケートの結果から出ています。

特定健康診査アンケート(ディムスドライブ)というところが

調べたところによると全体の年代では約半数がメタボリックシンドローム

の予備軍と自覚しており全般的に脂肪がつき太っていると感じている。

40代50代は、60%以上がメタボリックシンドロームを自覚している。

働き盛りの40代50代は、睡眠不足や運動不足などで動脈硬化

おこす危険性が高く早めのメタボリックシンドローム予防対策

必要では、ないでしょうか。

日本人は、欧米人よりメタボリックシンドロームの悪影響を

受けやすいそうです。今日から予防対策を実行しましょう。


メタボリックの予防と対策は、新陳代謝のアップが対策のポイント!

 ところで、世の中には水を飲むだけでもすぐ太る人もいれば、逆に、いつも食事の量が多くてもまったく太らない人もいます。どうしてそれほど個人差があるのでしょうか?実はその差は「新陳代謝」の差なのです。

 健康や美容の話には、よくこの「新陳代謝」という用語が出てきますが、そもそもこれは何を意味するのでしょう?簡単にいえば、身体の中の古い細胞が次々と新しい細胞へと生まれ変わることです。新陳代謝の度合いはカロリーを燃焼する速度で表されますから、食事量を減らして運動しても体重が落ちにくい、あるいは少量を食べてもすぐ体重が増える人は「新陳代謝」のスピードが遅いために(つまり代謝機能が低下しているために)カロリーを燃焼しにくくなっている状態にあるといえます。

 人間は年齢とともに基礎代謝が遅くなります。何もせずにじっとしていても、生命活動を維持するために必要な最低限の代謝を基礎代謝といいます。40歳以降は10年ごとに新陳代謝が2-5%遅くなります。椅子に座って働く人の場合はもっと深刻で、10年ごとに筋肉量が10%程度減少します。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1200キロカロリー、男性で約1500キロカロリーとされています。

 また脂肪を燃焼させる筋肉がエネルギーを消費する量は非常に多いので、筋肉量が多ければ多いほど基礎代謝量も大きいといえます。 一般に老化が進むにつれて筋肉量は減少していくため、同時に基礎代謝量も減少していくというわけです。

メタボリック予防対策・最新ニュース『男性ホルモンとの関係』

男性ホルモン減少、メタボや鬱の危険 EDが指標に

メタボリックの予防と対策の最新ニュースです。

 ■ストレスでも減少、EDが指標に
 これまで男らしさの象徴のように考えられてきた男性ホルモンだが、最近の研究で、男性ホルモンの減少が生活習慣病や鬱病(うつびょう)のリスクを高めることが明らかになってきた。また、男性ホルモンはストレスで減少することも分かってきた。高齢男性の健康のカギを握るとして、世界中で男性ホルモンの研究に注目が集まっている。(平沢裕子)
                   
 男性ホルモンは、男性を男性特有の体つきや思考回路に発育させるホルモン。たとえば、筋肉隆々の体つきや、地図を読むなど2次元を3次元に置き換える能力に男性ホルモンが関係していることはよく知られている。テストステロンやアンドロステネジオンなど数種類あるが、テストステロンが最も生理活性が強いとされる。

 以前から男性ホルモンについての研究はあったが、男性の健康維持と深いかかわりがあるとわかってきたのは最近のことだ。帝京大医学部附属病院の堀江重郎教授(泌尿器科)によると、男性ホルモンの減少は、50歳代の1割、60~70歳代の3割にみられるという。「ただし、画家のピカソが67歳で子供をもうけたように、60代や70代でも20代より男性ホルモンが多い人もいる。個人差が大きいために、これまで研究対象になりにくかった」と話す。

 この10年ほどで男性にも更年期があることはよく知られるようになった。男性更年期障害は、疲労感が取れない、やる気がおきない、筋肉痛が続く、寝付きが悪いなどの症状がみられるが、こうした症状に男性ホルモンの減少がかかわっていることが分かっている。とくに男性更年期障害患者の9割にED(勃起障害)があることからも、男性ホルモンがかかわっていると考えられている。

 さらに男性ホルモンは、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があることがわかってきた。

 たとえば、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は男性に多い。男性の方が内臓脂肪がつきやすいためだが、若い男性で腹が出ている人はそう多くない。40代、50代で腹が出てくるのは、食べ過ぎや運動不足のせいだけでなく、男性ホルモンが減ることで内臓脂肪がつきやすい体になっていることが関係しているという。

☆男性ホルモンを補うならこれです。医薬品です。☆

   プリズマホルモン 60錠・男性ホルモンを補給しよう!!

豆のお菓子で有名なフジッコからメタボ対策食品発表。

フジッコ、食品素材「黒大豆種皮抽出物 クロノケア」を発売

生活習慣病対策食品 発売は、12月よりとのことです。

 フジッコ(代表取締役社長 福井正一)は、この度、メタボリックシンドローム対策食品素材「黒大豆種皮抽出物 クロノケア」を発売いたしますので、ここにご案内申し上げます。なお、「クロノケア」のお披露目を食品開発展2007(会場 東京ビックサイト、期間2007年11月20~22日)で実施いたします。

 メタボ人口2,400万人。働き盛りの男性では2人に1人、女性も5人に1人は有病者とその予備軍といわれています。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を抱えると脳卒中や心筋梗塞などの発生リスクが飛躍的に高まることから有効な対策が急がれ、「メタボ克服」が国民的課題として取り上げられています。

 そこで、豆と取り組んで半世紀の弊社が、漢方で「こくず」と伝えられる黒豆種皮の抗酸化力の源泉「C-3-G」シアニジン-3-グルコシドを突き止めて分離抽出に成功、いまメタボリックシンドロームの解決策として発売いたします。

効果は、どのくらいあるのでしょうね!!期待しています。

メタボリック予防対策

メタボリックの予防と対策に新しいきざしが!!


メタボリック予防の新しい健康補助食品が出来る。

長浜のバイオベンチャー企業がブドウなどに含まれるポリフェノールの一種で抗酸化性に優れ、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)などの予防効果があるとされている物質を効率的に製造する技術を開発した。

 「レスベラトロール」と呼ばれる植物成分で抽出が難しいと言われていたのですが高濃度による抽出に成功。

これによりメタボリックの予防をする製品を作成するとの事、この成分は、アメリカの研究チームからすでに発表されていたものですが抽出困難なので使用する事が出来なかった。

ぶどうの種子が発芽するとき種子の1000倍に増えるのを利用し抽出するとのこと。

画期的なものが出来るといいですね。

携帯電話でメタボリックシンドロームの検診をする。


ドコモが携帯電話でメタボリックシンドロームの検診をする。

本格的にメタボリックシンドロームの予防と解消に力を入れてくる。

それだけメタボリックが色んな病気を引き起こしているということでしょう。

ニュースによると

2008年4月より、メタボリック・シンドローム検診が開始される。今回の協業は40~74歳の検診対象者に、携帯電話を使って保健指導や健康に関するコンテンツを提供するためのもの。

 ドコモによれば、検診の対象者は約5,700万人おり、このため医療機関が食生活に関するアンケートを実施して保健指導を行なうことが事実上、困難な状況にあるという。ドコモとオーダーメイド創薬では、保険組合が指定する機関や病院に対して、携帯電話で保険指導が行なえる仕組みをシステムを提供する。検診にかかる費用は保険が適用されるため、各ユーザーが加入している保険組合が費用を負担するとみられる。

 ドコモはシステムの構築や運用、ユーザーの管理などを担当し、オーダーメイド創薬が実際の保険指導のノウハウを提供する。Webベースのソリューションとなるため、ドコモユーザーだけでなく、そのほかの携帯ユーザーも利用できる見込み。サービスは、メタボリック・シンドローム検診が開始される2008年4月を予定している。

これにより簡単に検診をする事が出来るし当人の自覚も促進できる。

良い方法だと思います。

栃木県のメタボリックの取り組み!!

とちぎメタボ阻止し隊:今月から参加者募集 12月に「結成シンポ」計画 /栃木

 ◇メタボ阻止し隊、ですか?--運動習慣定着化、取り組む人発掘
 県が音頭をとり、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策に取り組む「とちぎメタボ阻止し隊」の参加者募集が今月、始まった。12月には「隊員」が集まり「結成シンポジウム」も計画する。県内女性は、肥満者の割合が全世代で全国平均を上回るなど、運動不足が指摘され、メタボ対策が根付くきっかけになるか注目される。
 「阻止し隊」は、地域でスポーツ、体力作りを行っている個人・団体のネットワークを作り、それぞれの活動に「健康」の視点も取り入れてもらうのが狙いだ。隊員候補としてスポーツ団体のほか、フィットネスクラブなどで運動プログラムを作成する健康運動指導士、市町が任命する体育指導委員などを想定している。県は、隊員と地域との橋渡しをする人材バンク的な役割を担い、隊員には「地域の運動リーダー」として活動してもらう。
 県によると、03年度の県民健康・栄養調査で、女性の肥満割合は28・4%に達し、全国平均(02年度)の23・0%を大きく上回った。特に20代は全国平均7・0%に対し、本県は19・6%。しかも全世代で平均値を上回っているのが特徴だ。男性は全国平均とほぼ同じ28・6%だが、20~40代、60代で平均をやや上回っている。
 一方、県内の運動習慣者(週2回以上、1回30分以上、1年以上継続)の割合は、男性20・4%、女性21・5%にとどまり、全国平均(男性31・6%、女性28・3%)を下回っている。
 肥満の背景として県は、「車社会」による運動不足を一因として挙げ、「運動習慣の定着化に取り組む人材を発掘したい」と話している。

メタボ予防や解消法を紹介 肥満学会講座

メタボ予防や解消法を紹介 肥満学会講座

 第28回日本肥満学会市民公開講座「からだとこころの健康講座-メタボリックシンドロームの予防と解消」(日本肥満学会、メタボリックシンドローム撲滅委員会主催)が20日、東京都千代田区の海運クラブで開かれ、生活習慣病を起こすメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や解消法が紹介された。

 基調講演では、京都医療センター臨床研究センターの坂根直樹予防医学研究部室長が、日常生活でできるメタボ解消法を紹介。「やせる環境を作ろう」と呼びかけた。神奈川県立保健福祉大学の中村丁次保健福祉学部長は、メタボ予防の食事療法について「腹八分目にしてまずはカロリーを減らすこと」と指摘。健康創研代表の菅野隆さんは、内臓脂肪の効果的な簡単体操「メタボビクス」を説明した。

 その後行われた座談会では、日本肥満学会長で東京逓信病院の宮崎滋内科部長を交え、健康的なライフスタイルについて話し合われた。

メタボリックの基準みなおしが言われていましたがなしという事に!!

メタボは従来基準で「妥当」 肥満学会

基準値が変わればメタボリックという方が増える・・・

基準値も大事ですが生活習慣病は、早く直した方がいいですよね!

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)診断基準となるウエストの値に異論が相次いでいることを受け、日本肥満学会は19日、「男性は85センチ以上、女性は90センチ以上」という従来の基準が「妥当」との緊急メッセージを出した。

 今年春、世界160カ国の医師らで組織する国際糖尿病連合(IDF)が、日本人の基準を「男性90センチ以上、女性80センチ以上」とするなど、基準値に疑問を唱える声が一部専門家から挙がっていたための対応。世界各国の基準でも、男性より女性の値が高いのは日本のみとなっている。

 だが肥満学会は、内臓脂肪とメタボの関係を考慮したのは日本だけで、脳梗塞や心筋梗塞の予防目的で設定した基準のため、IDFの基準とは性格が異なるとしている。このため、40~74歳を対象に来年4月から企業などの健康診断に義務付けられるウエストの計測も、従来基準が適用される。

脱メタボリックチャレンジ『地域で取り組み』

脱メタボリックにチャレンジ

 倉敷市保健所はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の市民を減らすため、来月からチャレンジ企画をする。市民チームを募り、140日間で腹囲の3センチ以上減を目指すユニークな試み。健康的な体づくりの機運を高めるのが狙い。「メタボ腹・克服大作戦」。40―74歳の市民が対象で、腹が出ていると思う人が3―8人のチームをつくり、食事制限や運動などの健康的な方法で腹囲の絞り込みに挑む。

メタボリック予備軍は食事不規則

メタボリック予備軍は食事不規則

 ウエストが太く、メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)の危険性がある大学生の70%が夜遅い時間帯に間食を取る習慣があることが、青森中央短期大学と県立保健大の共同調査で分かった。また、肥満傾向にある学生は、朝食を食べない傾向にあることも分かった。

 調査チームは、昨年夏から今年八月にかけて、青森市内の大学生二百七十八人(男四十五人、女二百三十三人)を対象に調べた。その結果ウエストが男性八五センチ、女性九〇センチ以上で、「メタボリック症候群要注意」とされたのは十二人いた。

 夜九時以降に間食を取る習慣を調べたところ、要注意群の20%が「週に三-四回」、50%が「週に一-二回」と答え、合わせて70%が夜遅い時間帯に間食を取る傾向にあった。正常群で同時間帯に間食を取っているのは43%だった。

 一週間のうち、朝食を抜く回数は、要注意群の58.4%が「毎日朝食を抜いている」で、正常群の14.4%を上回った。また正常群の55.9%は毎日朝食を食べていた。

 一日に取る野菜の量を小鉢(一杯七十グラム)に換算して聞いたところ、要注意群の25%が「食べない」、75%が「一杯」だった。これに対し、正常群では「食べない」が4.4%にとどまり、「一杯」は50.9%。二杯以上は44%に上った。

メタボリック予防に赤ねぎが利く!!

生活習慣病予防に赤が効く ねぎ「べに姫」今季初収穫 七尾、ブランド化目指す
 
七尾鹿島地区の新たな特産野菜として、JA能登わかば(本店七尾市)が本格的な栽培に乗り出している「能登の赤ねぎべに姫」の収穫が十六日、七尾市三室町のビニールハウスで始まった。目を引く茎部分の鮮やかな赤紫色は、生活習慣病などを予防するとされる抗酸化作用があることで知られるポリフェノールの一種で色素成分のアントシアニン。地域野菜見直しの機運が高まる中、健康ブームの追い風に乗って、「能登白ねぎ」に続くブランド化を目指している。

 露地栽培の白ネギと異なり、ビニールハウスで栽培される「べに姫」は、表皮や葉先まで柔らかく甘みが強いのが特徴。冷たい空気や土に触れることで、赤色が強く発色し、味も良くなる。白ネギに比べて発芽率が悪く、育苗時の水の管理が難しいという面もあり、大量に栽培している地域は全国でも珍しい。同JAでは、二〇〇四年から試験栽培を始め、昨年は約三トンを金沢市の青果市場などに出荷、消費者から好評を得ている。

 この日収穫を行った三室営農組合長の浜口浩造さん(74)方では、昨年六月に約十アールのビニールハウスに苗を植え、栽培を始めた。夏場の水やりには特に気をつかったという。初収穫となった「べに姫」約三百キロ、二十ケースは金沢市中央卸売市場に出荷された。

 同JAによると、「ことしのべに姫は日照不足のためやや短めだが、色、味は申し分ない」という。二月中旬ごろまで、約三トンの出荷が見込まれている。

メタボリック対策ニュース アドバイザーが必要!

電話指導で8割が体重減 KRPと近畿健康センターがメタボ対策

メタボリックには、確かな指導が必要となってきています。

生活習慣病なので日々の積み重ねが必ず効果をそうしてくる。

判ってはいても一人でやるとなるとなかなかね・・・

やっぱりアドバイザーは必要なのでしょうね。

 京都リサーチパーク(KRP、京都市下京区)と近畿健康管理センター(大津市)はこのほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防のための定期的な電話指導サービスを実施し、データが取れた参加者の8割の体重が減少したとする調査結果をまとめた。
 2006年10月から07年3月までメタボリックシンドローム予備軍とされた男女61人を対象に実施した。参加者は日常の運動や食生活などについて個別に目標を設定し、1日の歩数と体重の管理票を毎日記録して事務局に送付。記録を基に同センターの保健師が2週間に1度、電話で運動回数や食事などについてアドバイスをした。
 期間中に管理票を半数以上提出した参加者37人のうち29人の体重が減少。5キロ以上体重が減ったという人が3人もいた。
 開始時に1週間の運動回数がゼロの人は半数以上いたが、07年2月には37%にまで減少。きめ細かいアドバイスで自主的にウオーキングなどの運動を行う人が増えたという。途中で取り組みを放棄した人は4人だけで、大半が継続した。メタボリックシンドローム症候群の予防には運動などを続けることが大切で、近畿健康管理センターは「定期的な保健師の指導は予防の一つの手法」としている。

単身赴任、7割が自炊=メタボ対策で台所に?


単身赴任、7割が自炊=メタボ対策で台所に?-民間調査

みなさん危険を感じているようです。

日々の生活の中で十分予防できる。

または、改善する事で病状を少しづつ緩和する事が

出来るのでは。


 単身赴任のサラリーマンの7割が自炊-。国内で単身赴任中の会社員らを対象にしたアンケート調査で、多くのお父さんが台所に立っている実態が浮かび上がった。調査をした総合食品メーカーのミツカン(愛知県半田市)は「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や成人病が社会問題化する中、食生活に気を付けて自炊する人が意外と多いのでは」と分析している。
 調査によると、全体の72.2%が自炊すると回答し、うち単身赴任がきっかけで料理を始めた人は27.0%。自由回答では、以前と比べて「栄養バランスを考えるようになった」「健康に気を使うようになった」という意見も多かった。
 自炊者の33.7%は「毎日作る」派で、よく作る料理には、カレー、野菜炒め、チャーハンなど比較的手軽なメニューが並んだ。

え!!肥満は伝染する?=米の研究


肥満は伝染する?=米の研究


肥満は社会的に伝染する現象であるとの研究結果が、25日発売の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」に発表された。米ハーバード、カリフォルニア両大学の研究者が発表した。(写真は、サンドイッチ店の前に立つ肥えた女性)
 研究によると、肥満の友人を持つ人は、自身も肥満になる確率が57%増大する。研究は友人や親戚関係を中心として、1万2067人を対象に1971年から2003年までに行われ、この32年間の対象者の体重の推移をモニターした。
 研究者はその結果として、1人の人の肥満は身近な人の体重増加に影響を与えるとの結論に達した。研究者は、もりもり食べている人を見ることによって、見ている人の食べることをつかさどる脳の部分が刺激を受けるようだとしている。
 また研究は、さらに「伝染性」が強いケースがみられたと指摘している。同性の友人や兄弟、姉妹の場合で、異性の場合よりも体重の増加への影響が強かった。伴侶が肥満になった場合は、夫もしくは妻が肥満になる確率は37%増加したという。
 研究者はしかし、この結果は逆に言えば、1人の人が健康的な食事や運動で肥満を防げば、他の人の肥満を防ぐことにもなると指摘している。

心筋梗塞になる要素 10キロ増で危険2倍!!


心筋梗塞、「中年太り」は要注意=10キロ以上増で

リスク2倍-厚労省研究班

ニュースより

 若い時やせていて、体重が10キロ以上増えた人は、心筋梗塞(こうそく)などになりやすいことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。肥満そのものの影響は、欧米で知られているよりも小さかった。
 研究班は1990年から93年にかけて、全国9地域の40~69歳の男女約9万人を登録し、2001年末まで追跡調査。この間に男性399人、女性119人が心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症した。
 体重を身長(メートル)の二乗で割った体格指数(BMI)で7グループに分け、発症との関連を調べたところ、男性はBMI30未満まではあまり差がないが、30以上の人は23以上25未満の人の1.8倍のリスクだった。女性は30以上でもリスクが上がらなかった。
 さらに20歳の時のBMIや体重の増減との関連を分析。20歳の時のBMIが21.7未満の男性で、調査時までに体重が10キロ以上増加した人は、増減5キロ以内の人の2倍のリスクだった。逆に20歳時に21.7以上だった男性は、10キロ以上減った人でリスクが高い傾向が見られた。
カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。