メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

子供のメタボリック 睡眠不足がメタボリックを促進する!!

寝る子は太らない=睡眠不足で肥満リスク上昇-米大調査

やはり良く寝る子は、健全な生活をおくれるということでしょうか。

寝る子は、育つ・・・昔の人は、よく言ったものですね。

睡眠と肥満は、関係があるのです。気を付けてあげて下さい。

十分な睡眠を取る子供は肥満になる確率が低いとの調査結果が、米小児科学会の機関誌11月号に発表された。ミシガン大の研究者は「睡眠不足の子供は注意力の散漫を招くだけでなく、肥満リスクも高まるようだ」と警告している。
 調査は9~12歳の子供を対象に実施。1日9時間以上寝る子供が12歳になった時に肥満になった比率は12%だったが、9時間未満では22%に達した。
 睡眠と肥満の因果関係は未解明だが、睡眠不足でストレスがたまり、食欲を刺激するホルモンが分泌される可能性があるという。睡眠が不足すると屋外で遊ぶ機会が減るため、肥満になりやすいとの見方もある。米睡眠基金は、未就学児で11~13時間、小学生は10~12時間眠るよう推奨している。
スポンサーサイト

子供のメタボリック対策に一役買います。

子供のメタボリックに一役買います。

おもちゃ感覚のトレーニングマシーンです。

トレーニング



遊びであなたの目が届く家の中での運動となりますので

とても安心です。

本当は、外で走り回って遊ぶのが一番なのですが・・・

これがあれば有酸素運動を子供さんにさせる事が出来ます。

英国で開発された画期的な子供用ランニングマシン【送料無料】Kidss-R1キッズ用ランニング&ウ...

子供のメタボリック 肥満は、心の危険信号!!

肥満は医学的にみて病気のひとつです。子供を小さい頃から太らせてしまうのは、子供を慢性的な病気の状態にしていることと変わりありません。親はまずこのことを肝に銘じてください。子供を肥満にさせないためには、まず食生活をきちんとして、スナック菓子、外食やコンビニ弁当、インスタント食品にばかり頼らず、ビタミン、ミネラル、繊維質が豊富な野菜たっぷりの手料理を作ってあげましょう。またテレビゲームやパソコンなどで、運動不足になりがちですが、なるべく体を動かすようにしましょう。夜更かしは、寝不足の原因になり、それが昼間の集中力を欠如させてしまいます。食べることに意識が向いてしまうのは、夢中になれるものがなく寂しい証拠です。親も一緒になって体を動かし、いろいろな体験を子供にさせてあげましょう。

子供のメタボリックは、親の甘やかしも原因です。

子供たちをつれてキャンプなどアウトドアにいけばそこで木を切ったり、川に入ったり、山菜採りをして過ごします。そうすると子供たちはどんどんたくましくなっていきます。食事の好き嫌いも、自分たちで収穫した山菜や野菜なら、何でも平気で食べられるようになるし、掃除や食事の準備なども積極的に手伝ってくれます。この様子を見ると、最近は親が子供を甘やかしすぎたために、1人では何もできない子供が増えてしまったのだと感じます。子供の肥満も同じ。「かわいいから」「喜ぶから」「よく食べるから」といって、子供が好きなものばかりを食べさせていたら、栄養も偏ってしまいます。食生活を帰るためには、環境を変えてみるのも一つの手では、ないでしょうか。自分から進んで食べるかもしれませんよ。美味しいと思わせる環境を作るのも親の役目ではないでしょうか。

子供の糖尿病について知っておきましょう!

子供の2型糖尿病が増えている。

小学校高学年以上になると、塾や勉強で運動不足になったり、夜型の生活になったりと少しずつ悪い生活習慣がついて、子供の生活リズムは乱れがち。そんな中、今まで少なかった子供の2型糖尿病が増えており、そのうちの約80%が肥満を合併しています。

肥満が原因でない糖尿病もある。

ここで注意してほしいことがあります。みなさんは糖尿病には1型と2型の2つがあることを知っていますか? 簡単に説明すると、1型はウイルスや免疫機能によって、インスリンが欠乏するため、毎日注射で補わなければなりません。子供に多く、肥満とは無縁の糖尿病です。そして最近では肥満や運動不足が原因で、中高年に多いはずの2型糖尿病が子供にも増えているのです。糖尿病と聞くと、「過食や運動不足が原因」の2型と決めつけてしまいがちですが、肥満とは違う原因で1型糖尿病にかかり、毎日痛い注射を我慢しながらがんばっている子供たちがいることを忘れないでください。

1型糖尿病(インスリン依存型)

1型糖尿病はウイルス感染や自己免疫などによって、インスリンを作る膵臓のランゲルハンス島にある細胞が破壊されることで、インスリンが欠乏する病気。小児~青年に多く、患者数は糖尿病全体の5%程度で、体に不足しているインスリンを毎日注射しなければなりません。

2型糖尿病(インスリン非依存型)

2型糖尿病はインスリンは分泌しているのに、細胞のインスリンに対する反応が悪く、高血糖になる病気。ほとんどの糖尿病患者がこのタイプで、中高年に多く、運動や食事で改善できます。

このように糖尿病も種類があることを知っておきましょう。

子供のメタボリックの基準値を把握しましょう!

子供にメタボリック症候群の基準ができた!

子供のために注意してあげましょう。

やはり子供の時より気をつけて指導してあげると

大人になって当たり前になり自分で管理できる

ようになります。 自己管理です。

6歳~15歳を対象にする「メタボリック症候群の診断基準」を、厚生労働省の研究班がつくった。

その基準は、ウエストのサイズが最も重視される。
男子・女子とも80センチ以上を、赤信号としてそのうえで、血圧・空腹時血糖値・高脂血栓の3項目の内2項目以上あてはまった子を「小児メタボリック症候群」にした!
 
子供のメタボリック症候群の診断基準

□血栓 125~70mmHg以上

□血糖値 100mg/㎗以上

□高脂血栓 中性脂肪120mg/㎗以上
      HDLコレテロール値40mg/㎗未満
大人の場合
ウエスト
男性 85cm以上
女性 90cm以上

□血栓 130~85mmHg以上

□血糖値 110mg/㎗以上

□高脂血栓 中性脂肪150mg/㎗以上
      HDLコレテロール値40mg/㎗未満

  2項目以上あてはまるとメタボリック症候群です。
またウエストを身長で割った数値が0.5以上を黄色信号とし、これに該当する子やウエスト80センチ以上だが項目に当てはまらない子供もメタボリック予備軍とした。
大人向けの診断基準は2年前に作られたが「科学的根拠が乏しい」などと疑問視する意見があった。
厚生労働省の研究班は、子供の頃からの生活習慣が大人の症候群を招くと考え基準を作った!

メタボリックシンドロームは、子供にも警告を・・


気をつけましょう子供にもメタボリックシンドロームは

当てはまります。安心していられません。

最近、肥満気味の子どもが増えているようです。 30年前と比べると約2倍に増え、約10人に1人が肥満児であるといわれています。これは、脂肪の多い食事、いつでも買い食いができる環境、不規則な生活、運動不足などが原因としてあげられます。
子どもの肥満の約70%は成人肥満に移行するといわれています。また、高度な肥満では、小児期からでも糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を合併するのです。
そこで、このほど厚生労働省の研究班より、6~15歳を対象とした「メタボリックシンドローム診断基準」が作られました。メタボリックシンドローム対策は、子どもでも必要なのです。
カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。