メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

メタボリック予防は、正しい食事から!


皆さん朝ごはん食べていますか!?

きちんと3食食べましょうね。

特に朝ごはんは、たくさん食べていいのですよ。

朝の食事を抜いては、いけません。

朝の食事をきちんと取る事で10時くらいには、頭の回転もよくなって来ますよ。

人間の体は、必要以上に栄養を受け入れる事は出来ません。

ということは、あまった栄養は余分に蓄積されてしまうのです。

朝、昼、晩とちゃんと取れば間食も少なくなります。

この方法で体重ダウンしましたよ!!試してみてください。
スポンサーサイト

メタボリック対策がお手柄に一役かった!?


メタボリック対策のためウォーキングをしていた警察署長が

泥ぼう逮捕というお手柄です。

早朝の宜野湾マリーナで、自転車に銅線の束を載せ、こそこそと人目を避け会話する2人組。その姿を不審に思ったのが「メタボ対策」でウオーキング中だった宜野湾署の西盛能央署長。半ズボン姿の署長をまさか警察官だとは思わなかった2人は、声を掛けられるままに近寄り、その場で逮捕。近くの電設会社から銅線5万円相当を盗んだ帰りだったという。
 「早起きは三文の徳」と胸を張る署長に、署員は「体脂肪率は減らなくても署の検挙率はアップさせた」として金一封を贈ったとか。

しかし体脂肪は、減らしたいのが心情というものです。

これからもがんばってウォーキングしてくださいね。ご苦労様です。

メタボリック対策のためにやめてます。


最近メタボリック対策のために晩酌やめてます。

知っていましたか? お酒も飲みすぎるとダメなのですが

お酒が悪いのではなくお酒を飲む事で食欲が旺盛になり

食べ過ぎてしまうのです。 たしかに・・・

そこで晩酌をやめてみると食事の量が減りました。

これがどこまで続くかが問題なのです。

しかし!! 努力する事は、大事なことなのでがんばります。

皆さんも一緒にがんばりましょう。

しかし本日のバトミントンは、疲れました。有酸素運動は必要ですよ。

メタボリック予防をするはずがまた・・・

がんばってメタボリックと戦っているつもりでしたが

また今日も洋菓子を食べてしまいました。

最近旅行のお土産がよく舞い込むのです・・・

我慢をしていましたがみんな結構薦めてくれるので

手を出してしまうのです。

今日は、沖縄のお土産でムラサキ芋のムースみたいなやつ

甘さは、控え目で美味しかったですよ。

明日は、バトミントンの日なので余分に動いて脂肪を

落としてきます。 がんばろう!!

人生、何度でもやり直しがききます。

そんな大げさな話では、ありませんが・・・

またまた たわいもないコラムでした。

メタボリック(生活習慣病)とたたかう!!コラム


メタボリック対策として今日から黒ウーロン茶をはじめてみました。

さてこの効果は、いかに・・・

最近ちょっとサボリ気味なのでだんだんと涼しくなってきたところで

結果を出したい・・・・ と思っております。

しかしお酒も飲むし甘いものも食べているのでまずそれから減らす。

体重は、変わっていないのですが内臓脂肪の問題なので

我慢をする事にしました。 毎日の積み重ねが効果あり。

わかっちゃいるけど・・・やめましょう。

取りとめもないコラムで失礼しました。



メタボリックの対策 快適睡眠でストレスを少なくしよう!

睡眠をよく取る事でストレスを半減さす事が出来る。

ストレスがかかってくると眠れなくなってきますよね。

そこで日々の生活の習慣を管理する事が大事なのです。

記事より

 睡眠には、疲れた体や頭をリラックスさせ、疲労を回復させる効果があります。しかし、それは快適な睡眠を得ることで始めて発揮さされる効果です。

 よく、1日8時間以上の睡眠が必要と言われますが、快適と感じる睡眠時間には個人差があります。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書(平成15年)」によると、10代では、8~10時間、成人~50代では、6.5~7.5時間、60代以上では約6時間が、快適と感じる平均的な睡眠時間と報告しています。忙しい平日の睡眠不足解消のために、休日に“寝だめ”をする人もいますが、長時間の睡眠はかえって睡眠の質を低下させる恐れもあります。睡眠を有意義なものとするためにも、毎日決まった時刻に起床・就寝するよう心がけましょう。

快適な睡眠で明日の活力を養いましょう。寝すぎには注意ですよ!!

メタボリック予防にローズマリーがいいみたいですよ!!

長瀬産業と東京都老人総合研究所などの研究グループが
メタボリック予防の内臓脂肪を減らし寿命を延ばしたりする作用があることを
ハーブの一種であるローズマリーの抽出液に存在することを突き止めた。


ローズマリーに含有するポリフェノールのひとつが
細胞のエネルギー代謝を促進し、メタボリック予防になることがわかり
健康食品の開発などに応用する。


メタボリック予防にローズマリーに
効果がわかったのははじめて。
ローズマリー薬草としていろいろな症状に使われており、
病気に対して使用されているもの。


今回のこの調査は、
運動不足のネズミに1週間にわたってローズマリーエキス入りの餌を与え、
普通の餌を与えた場合と比べて内臓脂肪の量は60―80%に抑えられた。

ローズマリーがメタボリック予防に一役買ったかたちになった。
またローズマリーエキスの量が多いほど脂肪の量の減り方は大きかった。

これから商品化されメタボリック予防に一役買うことに!!

内臓脂肪を減らすといいのは、皆さんご存知の通り!!

メタボ予防食 チーズが内臓脂肪を減らす!!

なんとチーズが内臓脂肪を減少させてくれます。

チーズと言うと脂肪がつきそうですが実は違うのですね!


チーズを食べると血中の脂肪(中性脂肪、コレステロール)が減少、内臓脂肪が減少するという実験結果が出ています。


チーズの有効成分はチーズペプチド

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるのは乳糖が原因です。この乳糖は乳酸菌が減らしてくれるので、牛乳が苦手な人もチーズならば、お腹をこわす心配はありません。

チーズは乳酸菌が乳糖を分解するので、牛乳から糖質を抜いた成分が固まったものと考えられがちですが、乳酸菌は牛乳中の乳糖分解するだけではないのです。

牛乳を加熱すると固まる成分はカゼインと呼ばれる大きな蛋白質です。乳酸菌はこのカゼインを小さいペプチド(アミノ酸が複数結合したもの)に分解します。これをチーズペプチドと呼びます。チーズペプチドには、いろいろな効果があります。今回の実験も、チーズペプチドが関係している可能性が高そうですね。

内臓脂肪が気になる方には、ワインと一緒にチーズをお薦めします。

やっぱりワイが来ますかね!! 飲みすぎに注意ですよ!!

メタボリックの予防にそばが一役買う!

メタボリックの予防にマグネシウムが効果を発揮するそうですよ。

マグネシウム摂取が多いほど、メタボリック症候群の診断基準となる、腹囲、血圧、中性脂肪、HDL-コレステロールの各項目において良くなる結果となりました。

マグネシウムの摂取が多い食生活を送っていると、メタボリック症候群になりにくいのです。

そばからマグネシウムを取ろう

年越しそばには結果的に根拠があったんですね。
マグネシウム源として、家庭でも外食でも手軽に食べられ、保存ができ、季節性がなく、高価ではないという条件を満たす食品はなんでしょうか? それは蕎麦です。

そばは外国の調査では登場しない食品ですが、熱量は、米や麦とあまり変わりない一方、100g当たり、190mgものマグネシウムを含みます。マグネシウムの必要量は1日300-400mgですので、1日分のマグネシウムの半分が1食で補えるのです。また、良質な蛋白質を米、麦の2倍含んでいる他、抗酸化作用があるポリフェノールのルチンも含んでいます。

メタボリック症候群予防には、年越しそばだけではなくて、1日1食そばはいかがでしょうか?

メタボリック対策ニュース アドバイザーが必要!

電話指導で8割が体重減 KRPと近畿健康センターがメタボ対策

メタボリックには、確かな指導が必要となってきています。

生活習慣病なので日々の積み重ねが必ず効果をそうしてくる。

判ってはいても一人でやるとなるとなかなかね・・・

やっぱりアドバイザーは必要なのでしょうね。

 京都リサーチパーク(KRP、京都市下京区)と近畿健康管理センター(大津市)はこのほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防のための定期的な電話指導サービスを実施し、データが取れた参加者の8割の体重が減少したとする調査結果をまとめた。
 2006年10月から07年3月までメタボリックシンドローム予備軍とされた男女61人を対象に実施した。参加者は日常の運動や食生活などについて個別に目標を設定し、1日の歩数と体重の管理票を毎日記録して事務局に送付。記録を基に同センターの保健師が2週間に1度、電話で運動回数や食事などについてアドバイスをした。
 期間中に管理票を半数以上提出した参加者37人のうち29人の体重が減少。5キロ以上体重が減ったという人が3人もいた。
 開始時に1週間の運動回数がゼロの人は半数以上いたが、07年2月には37%にまで減少。きめ細かいアドバイスで自主的にウオーキングなどの運動を行う人が増えたという。途中で取り組みを放棄した人は4人だけで、大半が継続した。メタボリックシンドローム症候群の予防には運動などを続けることが大切で、近畿健康管理センターは「定期的な保健師の指導は予防の一つの手法」としている。

単身赴任、7割が自炊=メタボ対策で台所に?


単身赴任、7割が自炊=メタボ対策で台所に?-民間調査

みなさん危険を感じているようです。

日々の生活の中で十分予防できる。

または、改善する事で病状を少しづつ緩和する事が

出来るのでは。


 単身赴任のサラリーマンの7割が自炊-。国内で単身赴任中の会社員らを対象にしたアンケート調査で、多くのお父さんが台所に立っている実態が浮かび上がった。調査をした総合食品メーカーのミツカン(愛知県半田市)は「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や成人病が社会問題化する中、食生活に気を付けて自炊する人が意外と多いのでは」と分析している。
 調査によると、全体の72.2%が自炊すると回答し、うち単身赴任がきっかけで料理を始めた人は27.0%。自由回答では、以前と比べて「栄養バランスを考えるようになった」「健康に気を使うようになった」という意見も多かった。
 自炊者の33.7%は「毎日作る」派で、よく作る料理には、カレー、野菜炒め、チャーハンなど比較的手軽なメニューが並んだ。

メタボリックの予防方法は、これかも・・・

メタボリックシンドロームの恐ろしさについて、注意をしてきました。メタボにかかっている人、予備軍の人々は恐怖としているかもしれませんね。しかし、安心して大丈夫です。中医学ではメタボは「未病」、要するに病気の前兆という認識にすぎません。未病は医師や薬がなくても治癒します。簡単に申せば、体重を2㎏だけ落とせばいいのです。


とても肥満状態の人々は例外として、体重を2㎏落とせば、メタボから脱出できるのです。短期間で落とさなくても大丈夫です。4ヶ月かけていいのです。つまり、1ヶ月500gでいいのです。世の女性達がやるダイエットよりは、とても簡単なはずです。ただし、意外に手強い相手なのです。

ライフスタイル
日常の生活様式は、その人の体に深く浸透しており、すぐさま変化を与えることは難しいことです。だから、あまりあせらず、無理しない程度から始めないと長続きはしないばかりか、リバウンド現象、あるいは、体重が上下し続ける現象が起きてしまうことになります。4ヶ月で2㎏減らす、そうすると、1日にどのぐらいのカロリーを減らせばいいのか。脂肪1㎏が燃焼するカロリーは約7キロカロリーです。それで、脂肪2㎏のエネルギー量は、1万4000キロカロリーに値します。

2㎏の減量を4ヶ月でするには、計算上は、1万4000キロカロリー÷120日=117キロカロリーとなります。食事、運動で117キロカロリーを減らせばいいのです。そのためには、現在の食事で摂っているカロリーをわずか少なく5%減らすこと。


歩く歩数を現在より1日1000歩増やすこと、このような簡単なことを実行すれば2㎏の減量は、とても簡単ですよね。そして、4ヶ月後に実践効果を確認してみてください。

まずは、このように簡単に考えてみてください。

大そうに考えるとしんどくなってしまうので

確実に結果を出していく事を考えましょう。




カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。