メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

メタボリックの予防と対策は、新陳代謝のアップが対策のポイント!

 ところで、世の中には水を飲むだけでもすぐ太る人もいれば、逆に、いつも食事の量が多くてもまったく太らない人もいます。どうしてそれほど個人差があるのでしょうか?実はその差は「新陳代謝」の差なのです。

 健康や美容の話には、よくこの「新陳代謝」という用語が出てきますが、そもそもこれは何を意味するのでしょう?簡単にいえば、身体の中の古い細胞が次々と新しい細胞へと生まれ変わることです。新陳代謝の度合いはカロリーを燃焼する速度で表されますから、食事量を減らして運動しても体重が落ちにくい、あるいは少量を食べてもすぐ体重が増える人は「新陳代謝」のスピードが遅いために(つまり代謝機能が低下しているために)カロリーを燃焼しにくくなっている状態にあるといえます。

 人間は年齢とともに基礎代謝が遅くなります。何もせずにじっとしていても、生命活動を維持するために必要な最低限の代謝を基礎代謝といいます。40歳以降は10年ごとに新陳代謝が2-5%遅くなります。椅子に座って働く人の場合はもっと深刻で、10年ごとに筋肉量が10%程度減少します。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1200キロカロリー、男性で約1500キロカロリーとされています。

 また脂肪を燃焼させる筋肉がエネルギーを消費する量は非常に多いので、筋肉量が多ければ多いほど基礎代謝量も大きいといえます。 一般に老化が進むにつれて筋肉量は減少していくため、同時に基礎代謝量も減少していくというわけです。
スポンサーサイト

メタボリック予防と対策のためにスポーツを始めよう!


メタボリック予防と対策のためには・・・

スポーツを始める事も大事です。

昨日もバトミントンをやってきましたよ。

メタボが邪魔して大変でしたがいい汗をかきました。

あなたも今年こそメタボリック予防と対策をしませんか。

メタボリックの予防と対策は、???


メタボリックの予防をしなければならないのですが

お正月は、やっぱり食べて飲んでしているので

なかなか難しいのです。

体重計にのるのが怖いのでした。

カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。