メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

40代50代のメタボリック認知度60%『メタボリックの予防や対策は?』

メタボリックシンドロームは、40代50代が一番危ない

40代50代、60%がメタボリックシンドロームの自覚ありと

アンケートの結果から出ています。

特定健康診査アンケート(ディムスドライブ)というところが

調べたところによると全体の年代では約半数がメタボリックシンドローム

の予備軍と自覚しており全般的に脂肪がつき太っていると感じている。

40代50代は、60%以上がメタボリックシンドロームを自覚している。

働き盛りの40代50代は、睡眠不足や運動不足などで動脈硬化

おこす危険性が高く早めのメタボリックシンドローム予防対策

必要では、ないでしょうか。

日本人は、欧米人よりメタボリックシンドロームの悪影響を

受けやすいそうです。今日から予防対策を実行しましょう。


スポンサーサイト

メタボリック解消ニュース!メタボリック促進の裏側に・・・子供たちが

ダイエット志向 子供にまで広がる「やせ願望」

これはこれで発育期の子供たちにも困ったものです。

子供は、たくさん食べて育つ事が大切です。

何ともいえないところですね。

偏った食生活をしなければ大丈夫なので!


さまざまなダイエット法を特集する女性誌。出版不況のなか、「ダイエット」は確実に売れる企画だ

 ■「ママ、食べ過ぎると体によくないんだよね」

 東京都内に住む母親(37)は6歳になる娘の言葉に一瞬、耳を疑った。

 幼稚園児の娘の身長は120センチ、体重20キロ。同年代の子供に比べてやせている。その娘が朝食のスープに入っている脂身たっぷりのベーコンをつつきながら、「太ると早死にするんだって。太りたくないよ」と食べ残したのだ。心配した母親が問いただすと、テレビの健康番組の影響を受けていた。

 東京成徳大学子ども学部の深谷和子特任教授(児童臨床心理学)とベネッセコーポレーションが平成13年、東京都と埼玉県の小学校4~6年の児童約1100人を対象にした調査では、女子の約69%が「今よりやせたい」と回答。その理由として「見た目がいいから」と答えた女子は82%に上った。この傾向は男子にもみられ、男子でも41%が自分を「太っている」と思い、45%がやせたいと回答。女子の4割にはダイエット経験があり、その方法として甘いものや油の制限、運動のほか「おなかいっぱい食べない」と答えた子は26%に達した。

 やせ願望とダイエット志向が中高生から小学生へと低年齢化する現状について、深谷さんは「メディアで流される細身=美という大人の価値観をすり込まれている可能性がある。特に成績や友人関係に漠然とした不満をもつ子は自分を変えたいという願望があり、やせることですぐにでも新しい自分になれる、素晴らしい人生が開けるという期待もある」と分析する。

 「太るから」「やせなきゃ」といった家庭内での何気ない会話をまねてか、最近はおやつのケーキを「太る」と嫌がる幼稚園児も珍しくないという。

『メタボリック解消』ダイエットを無理せず食べながら。メタボリック解消!!

メタボリックを無理せず食べながら解消しましょう。

「メタボリック・ダイエット」では、必ず科学的な理由に基づいてダイエットプログラムが実施されます。
炭水化物やたんぱく質、そして脂肪ですら食べていいんです。いえ、むしろ食べなければなりません。

問題は、悪い脂肪を食べてしまったり、悪いタイミングで食べてしまうことです。

正しいものを適切なタイミングで食べれば、お腹がすく思いもせず、栄養不足による肌の老化やたるみも気にせず、健康で若々しい状態を保ったまま減量することができるのです。

さらに、食べてやせるダイエットですから、食べるのを我慢した結果リバウンドしてますます太ってしまうなんていうことはありません。

ステーキを食べてもいいんです。
そして、信じられないかもしれませんが、脂肪を食べてもやせられるんです。

食べることを我慢することなく、エクササイズに時間をかけることもない。

そう、1日中パソコンの前に座って仕事をしなければならなかったり、フィットネスクラブに通う時間がないあなたでも、簡単にしかも確実にやせられます。

本書は、「私はこの方法でやせたから、あなたもその通りにすればやせます」といった、個人的な体験を基にして紹介しただけものではありません。個人的に確かめることに加えて、生化学的に実証されているかどうかを重要視します。
科学的な根拠がありますから、ある特定の人だけでなく、全ての人に効果的のある方法なのです。

食べてもいいです(いや、食べてください)。水も飲んでください(水を飲まなければ確かに一時的には体重が減るでしょうが、ずっと減量の効果を持続させたいなら、むしろ飲むべきです)。

また、毎日1時間の有酸素運動を求めたり、つらいジョギングやジムでのトレーニングを要求したりしません。

忙しいあなたにそれだけの運動をする時間があるのなら別です。しかし、運動する時間を見つけることが困難であれば、60分間運動する代わりに、本書でご紹介する通りに12分間だけ体を動かしてください。

食事を1日1~2食に減らしているなら、5回でも6回でも食べてください。 食事の回数を増やしたからといって太りませんから、安心してください(要は、食事のタイミングと食べ合わせの問題です)。

食べる楽しみを減らしてストレスを溜めることは、良いこととは思えません。
それに、ダイエットのために食事の回数を減らすと、太ります。

この方法だったら実践できるかもしれません。

【メタボリック・ダイエット】 これまでの日本のダイエットの常識は捨ててください。365日返金保障!「たくさん
カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。