メタボリックの予防と対策

メタボリックの予防と対策 ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
メタボリックシンドロームを理解し予防と対策をする事で元気で健康的な生活をする。 そのための方法を探るサイトです。まずは、自分のメタボをやっつけます~!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://metaborikku77.blog106.fc2.com/tb.php/23-33ba3b11
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

子供の糖尿病について知っておきましょう!

子供の2型糖尿病が増えている。

小学校高学年以上になると、塾や勉強で運動不足になったり、夜型の生活になったりと少しずつ悪い生活習慣がついて、子供の生活リズムは乱れがち。そんな中、今まで少なかった子供の2型糖尿病が増えており、そのうちの約80%が肥満を合併しています。

肥満が原因でない糖尿病もある。

ここで注意してほしいことがあります。みなさんは糖尿病には1型と2型の2つがあることを知っていますか? 簡単に説明すると、1型はウイルスや免疫機能によって、インスリンが欠乏するため、毎日注射で補わなければなりません。子供に多く、肥満とは無縁の糖尿病です。そして最近では肥満や運動不足が原因で、中高年に多いはずの2型糖尿病が子供にも増えているのです。糖尿病と聞くと、「過食や運動不足が原因」の2型と決めつけてしまいがちですが、肥満とは違う原因で1型糖尿病にかかり、毎日痛い注射を我慢しながらがんばっている子供たちがいることを忘れないでください。

1型糖尿病(インスリン依存型)

1型糖尿病はウイルス感染や自己免疫などによって、インスリンを作る膵臓のランゲルハンス島にある細胞が破壊されることで、インスリンが欠乏する病気。小児~青年に多く、患者数は糖尿病全体の5%程度で、体に不足しているインスリンを毎日注射しなければなりません。

2型糖尿病(インスリン非依存型)

2型糖尿病はインスリンは分泌しているのに、細胞のインスリンに対する反応が悪く、高血糖になる病気。ほとんどの糖尿病患者がこのタイプで、中高年に多く、運動や食事で改善できます。

このように糖尿病も種類があることを知っておきましょう。
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://metaborikku77.blog106.fc2.com/tb.php/23-33ba3b11
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
スポンサードリンク

リンク
ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
メッセージ

メタボリックの予防と対策へようこそ!このブログは、生活習慣病を正しく理解し健康な毎日を送れるようにと言う願いをこめて立ち上げました。自分も含め一緒にメタボを撃退しましょう。
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。 ba-na
bana2 にほんブログ村 健康ブログへ
最近の記事
メタボリックの書籍
メタボリック予防・対策
ブロとも申請フォーム
SEO対策:生活習慣病 SEO対策:メタボリックシンドローム SEO対策:予防 SEO対策:対策 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。